GoogleMapsAPIについて

subpage01

GoogleMapsAPIとは、Googleが提供するGoogleMapを自分のサイトで使用できるようにするものであり、Webアプリケーションとして利用できます。
このGoogleMapsAPIで利用可能になるGoogleMapは、スマートフォンを所持している人のほとんどが使用した経験のある地図であると思います。
目的地をキーワードや住所を用いて検索するだけでなく、目的地までの距離や経路、周囲の風景までも簡単に知ることができるGoogleMapをGoogleMapsAPIを用いて自分のサイトで使用することによって、サイトの利便性や見栄えが向上するだけでなく、サイト訪問者が得られる情報の質も向上します。

Googlemap関しての情報探しに役立つ最新情報の集めたサイトです。

具体的には、GoogleMapsAPIを使用することによってオリジナルの画像等を使用したマーカーを地図の任意の場所に表示させたり、地図上に自分の思った通りに線を書き足したりすることが可能になります。



また、上記の地図自体の編集だけでなく、データベースと組み合わせることによって、地図関連アプリケーションを作り出すことも可能です。

上記の文を見ると、GoogleMapsAPIで作成できるのはオリジナルな地図だけであると勘違いをしてしまいそうですが、指定場所の実際の風景を表示することが可能なグーグルストリートビューを表示させることも可能であり、自分のサイトに任意の場所を示すことができ、訪問者により詳細な情報を与えることができます。