GoogleMapsAPIの便利な使い方

main-img

GoogleMapsAPIは個人での利用は主に地図の埋め込みです。


GoogleMapsで好きな場所で地図の埋め込み用のiframeタグを取得できますから、ブログでもウェブサイトでも自由に使えます。また、APIによる利用ではないのでGoogleMapsの利用アカウントも取得しなくてもよいです。



ただし、GoogleMapsAPIは地図の表示だけではなく、さまざまな便利機能が満載です。


GoogleMapsAPIの便利な使い方の一つは、地図の表示する際に住所から表示させることができるジオコーディング機能です。日本ならどこでも住所を使うだけで地図が表示できます。



住所から地図を見出すことをジオコーディングといい、GoogleMapsAPIの場合はアカウントを作ることで無償で利用出来るAPI回数がもらえます。
無償で使える回数はクレジットカードに登録によっても違いますが、多い場合で2万5千回にも及びます。



個人で利用するサービス等の場合は無償版で十分ともいえますし、スマホ向けはさらに別なSDKが用意され回数も別に設定されています。


ジオコーディング機能はこのGoogleMapsAPIに用意され、Javascriptなどを利用して情報を得ることができます。


ジオコーディング以外にも地図上の距離を測ったりするAPIも用意されており、地図をフルに利用する手段が満載です。

また、地図に独自のマーカーを表示させるなど表現力も向上しています。

Googlemapの基本知識

subpage01

GoogleMapsAPIとは、主にスマートフォンのアプリケーションやWebサイトの開発の際に使用されるAPIのことです。GoogleMapsを利用されたことはあるでしょうか。...

more

読めば解るGooglemap

subpage02

2016年6月から新規サイトでGoogleMapsAPIを使うためには、APIキーの取得が必要になりました。APIの取得の手順を説明します。...

more

人に言いたいGooglemap

subpage03

GoogleMapsAPIとは、Googleが提供するGoogleMapを自分のサイトで使用できるようにするものであり、Webアプリケーションとして利用できます。このGoogleMapsAPIで利用可能になるGoogleMapは、スマートフォンを所持している人のほとんどが使用した経験のある地図であると思います。...

more

Googlemapの情報分析

subpage04

インターネットを利用した事があれば、地図コンテンツを見た事があるでしょう。例えば、購入目的の商品やサービスを、販売しているショップに出掛けようとする場合、ビジネスで顧客企業に出向く時等が一般的な使い方と言えます。...

more